紫外線対策と防寒グッズ

紫外線対策で必要になる自転車の日よけ

自転車の日よけ 自転車に乗るときには、常に強い風や紫外線に晒されることになります。そのために、サイクリストは様々な工夫をして、紫外線から身を守る努力をします。
紫外線の影響を特に受けやすいのは頭の部分ですが、ヘルメットを装着していれば対処できます。ヘルメットの前側にはサンバイザーを装着することで、日よけの効果が高くなります。
ヘルメットを使わない場合には、帽子を使うことになりますが、風で飛ばされないように注意する必要があります。腕の部分を紫外線から守るためには、脱着しやすいアームカバーを利用することがおすすめです。
酷暑の中でのサイクリングでは、日よけをしっかりと行わなければ、急速な体力低下につながります。自転車の車体には屋根を付けることはできないため、服装の工夫を行うことが基本になります。
チャイルドシートを使う場合には、専用の日よけを使うことで、紫外線の影響を除去できます。どの種類の日よけを使うにしても、自転車の運転の妨げにならないものを選ぶことが重要です。

自転車に適した防寒グッズの利用法

自転車を日常的に利用する人にとっては、夏には涼しい風が爽快に感じられますが、真冬には冷たい風の直撃を受けてしまいます。そのために、防寒グッズが欠かせなくなりますが、選び方で失敗すると走行性能を衰えさせてしまいます。
自転車走行時に特に冷えやすいのは、手や首元の部分ですから、かさばらないグローブやネックウォーマーを使うと効果的です。厚着をすれば防寒対策になりますが、空気抵抗が強くなったり、動きにくくなるなどの問題が生じます。
この問題を解決するためには、薄手のインナーシャツを重ね着して、上着には密着型のジャケットを着ることがおすすめです。
冬場で特に辛いのは走り始めた直後ですが、最初にはウォーミングアップをしておけば、冷たい風にも強くなります。足元も寒く感じられるはずですが、タイツを履いているだけで温かさが違ってきます。
自転車専用の防寒着があれば理想的ですが、一般的な用品でも十分に使えます。靴下も重ねて履けば、強烈な季節風にも耐えられるようになります。

pickup

最終更新日:2017/2/16